筋肥大の効果

筋肥大の効果を得るために、どのくらいの分量を
摂取したらいいのでしょうか。
特に、初めての使用する場合は、
ちゃんと知っておきたいですね。

 

1日20gを4〜5回にわけて飲むといいと言われています。
1日に何度か飲むんですね。
それだけ飲んでも、いいわけなので、いいですね。

 

1日少ししか飲めないと効果があるのかどうか
分かりませんし、上限がある程度あると安心です。

 

これを食後やトレーニングをする時の前や後に
飲むといいとされています。
何度か飲めるなら、いいですね。

 

特に、トレーニングの前などに飲むなら、
それが実感として帰ってきそうです。
クレアチンをあまり飲んだことがなくても、
使い始めてみて、体を見ながら、
実感として分かるなら、うれしいですね。

 

試していきたいです。
筋肥大やトレーニングをしている人には、
必須です。

 

参考:クレアチン - Wikipedia

クレアチンを飲むタイミング

クレアチンを飲むタイミングは、トレーニングの前後がいいのですが、
5g程度摂取するといいようです。

 

体自体が、トレーニングの前後に摂取すれば、
筋肉をこれから鍛えるぞといった感じで、
準備段階に入っていくのです。

 

効果が実感できれば、この摂取量を続けていければいいですし、
しかし、あまり実感できなければ、
摂取量を少し増やしてもいいようです。

 

ちょっとずつ調整しながら、
どんなふうに飲んだらいいかを考えたいですね。

 

どのくらいの効果がほしいかもありますし、
自分の体をにらめっこしながら、
具体的に飲む量を見つけていきたいですね。

 

しかし、ほんの少しの期間で効果は分からないので、
ある程度の時間を置きながら、
じっくりと見ないといけません。

 

毎日続けることも必要ですし、
ちょっとやって、すぐに効果があるようなものでもありません。
継続あるのみです。

トレーニングは大事です。

クレアチンを飲んでいても、毎日しっかりと効果的な
トレーニングをしていなければ、あまり意味がありませんね。

 

トレーニングは大事です。
毎日少しずつでもちゃんとしたトレーニングを
していき、どうしたらいい状態になれるか、
自分で目標を定めて、しっかりと続けていきたいです。

 

仕事をしながらだと大変なトレーニングになりますが、
筋肥大を目的にしているなら、
努力あるのみですね。

 

筋肥大の体を作っていくために、
クレアチンの摂取をしながら、
自分で体をもって実感しいけたらいいですね。

 

分からないままだと、効いているのかどうかも分かりません。
クレアチンをしっかりと知って、
トレーニングのための必需品として用いていきたいです。

 

どうやってこの成分を摂取すれば、より効果的に
筋肉にアプローチできるか分量やトレーニングの仕方などを
研究していきたいですね。

プロのスポーツ選手

クレアチンは実際に、プロのスポーツ選手の中でも
使われているもののようです。
クレアチンはスポーツをする選手には重要ですね。

 

筋肉量や筋肉の質によって、実際のプレイに影響しますし、
それが結果にも反映されてくるので、
体作りは大事です。

 

プロの選手も使用しているなら、
なおさら、効果は折り紙付きです。

 

実際に試していきたいですね。
しかし、このクレアチンを反対する意見も多いようで、
議論もある成分でもあるようです。

 

今は、クレアチンに限らず、多くのものがあり、
サプリメントの種類の豊富さにびっくりします。
これらの中から、自分にあったものを
選び、生活に取り入れてくことはいいですね。

 

そのため、クレアチンを使っている人は、
これからも自信をもって飲んでいってほしいですね。

人によっては大変な場合も

クレアチンはそれほど危険なサプリメントではありせんが、
人によっては大変な場合もあります。
それは、高齢の方です。

 

高齢の方がクレアチンを服用してしまうと、
腎機能を低下させることがあります。

 

これは大変ですね。
ある程度の年齢に達すると、いろいろな無理がききません。
クレアチンもその一つで、高齢者の方には、
摂取しない方がいいもののようです。

 

でも高齢者の方で筋肉や骨を丈夫にしていきたいという方もいるでしょう。
骨粗鬆症対策やロコモ対策ですね。

 

参考:【ロコモ対策・予防ガイド】サプリ・健康食品・運動でロコモ対策はじめよう!

 

また、腎機能自体が弱い人や、薬などを服用していたり、
健康体ではない人には、
クレアチンはこの副作用が出やすいようです。
注意が必要ですね。

 

他にも体重が急に増えたりなどの問題もありますが、
腎機能が著しく?低下してしまうとなると、
大変です。
気を付けたいですね。

 

体のコンディションを考えながら扱いたいですね。